タダシップの副作用

タダシップはED治療薬でも持続時間が長いシアリスのジェネリック医薬品ということで、高い人気を誇っています。

36時間も続き、食事やお酒の影響を受けにくいのが長所ではありますが、タダシップを飲むことで起こり得る副作用ももちろんあります。

タダシップの効果

タダシップの効果

タダシップには、シアリスと同じ有効成分タダラフィルが含まれています。
タダラフィルが血管を拡張させることで、勃起を促してくれるのです。

持続時間は最長36時間と言われており、これはバイアグラとレビトラの何倍もの持続時間です。

飲んだら即効で効くというわけではなく、じわじわ効いてくる感じで、効果を発揮している間もペニスはあくまで自然な感じで硬くなるのです。
36時間ずっと硬いままではなく、セックスの相手に性的魅力を感じた時や、ペニスに刺激が加わった時以外は、自分の意思に反して勃起することはありません。

タダシップに副作用はある?

タダシップを飲むと、次のような副作用が出る可能性があります。

・頭痛
・顔のほてり
・鼻づまり
・視覚異常 など

これらは薬の効果が切れると同時に、消えていくことがほとんどです。
飲むと短時間で効果が発揮されるバイアグラやレビトラの方が副作用のリスクが大きいとされており、あまり副作用の心配をせずにセックスを楽しむことができるでしょう。

しかし、もともと鼻がつまりやすい、頭痛持ちという方は、いつもより症状が悪化する可能性があるため、副作用が出た際には頭痛薬や鼻つまりのお薬を併用しても問題ありません。

車の運転はなるべく控えよう

タダシップを飲むと、有効成分タダラフィルの影響で血管が拡張し、めまいや
立ちくらみを起こすことがあります。

その状態で運転すると、事故にあう危険性が高くなるため、服用中にめまいや立ちくらみが起きた場合は、必ずタクシーまたは電車などの公共交通機関を利用することをおすすめします。